世界で最も早く少子高齢化社会に突入した日本。さらに世界で最も長寿国の日本。
女性の平均寿命は90歳に達しようとしています。世帯形態も大きく様変わりし一人暮らしの世帯が増え続けており、これからの日本は、高齢者の一人暮らしがマジョリティとなる社会を迎えます。

高齢化に伴い国の医療費支出額は40兆円を超え、介護医療支出と合わせると、実に50兆円に達しています。さらに2040年以降は、人口も毎年1%づつ下がっていきます。つまり、国内の消費需要が毎年1%づつ下がってくるということと同様です。

超高齢化社会を迎え、国内消費も毎年 下がってくる日本で、現状の医療費を国が負担していくことが不可能になる時代が目前にきています。高齢者の大半がアルツハイマー症を発症してしまう非常な事態であり 異常な時代となります。

健康を人工知能で創造する。
ライフサイエンス・メディカルサイエンスと人工知能の融合。

超高齢者社会に備えるジャパンモードのミッションであり 目標となります。

 

Next Generation Patent Creating system(NPCS)とは
スマホ(ウェラブル端末)に問いかけるだけで、特許内容を人工知能が作成する
「問題解決支援システム」

ディープラーニングが無料で使える時代が間近です。AI基盤が整って技術自体が無料で使えれば、もうプログラミングではなく【何を、どの領域を、どうディープラーニングさせるか? 】が最重要課題となります。
新しい課題を発見し、必要最小限の領域をディープラーニングさせうるプロフェッショナルな人材は、簡単には見つかりません!
NPCSは、誰でも スマホに簡単な問いかけで、見えなかった課題や それを問題解決できるように、人工知能に問題解決の基本ルールを実装させることをミッションとし、考えうる全ての【人工知能で問題解決】のルールをビジネスモデル特許として出願、取得しております。

日本の人工知能の現状の政策を考えると、google、facebookという海外の一企業にすでに「データ」を抑えられていると言っても過言でなく、さらに、このまま手をこまねいていては、「知能」の領域まで人工知能で抑えられかねません。
NPCSは人工知能を万能に用いるのではなく、人工知能で特許を制作する!という一点に絞り込みプラットホームを開発いたします。
人工知能は万能ではありません。視野を持ったり動いたりと多用途では、人工知能ロボットがほんの1m移動するだけでも、重量、気体物資や、地球の自転、太陽への公転等、あらゆる森羅万象をいちいち考察して考えますので、結果、動けなくなるパラドックス現象が起こります。 NPCSは、人工知能を動かしません、視野を持ちません。人工知能で書籍や論文の文章とグラフィックだけをディープラーニングさせ、特許内容文となるようにプラットホームAI化いたします。 さらにライフサイエンス分野でも、人工知能とライフサイエンスの融合を目指していくことをミッションといたします。


 

口腔ケア組成物 特許第5747274号

口腔ケア組成物 特許第5924604号

組成物錠剤、顆粒状薬剤 特願2015-095075号

医薬品の製造方法 特願2015-122770号

歯痛を止める錠剤 特願2015-227257号

犬用肛門拭取体 特許第5928858号

SNSウェラブルシステム 特願 2014-100038号

商標 マウスメイト ( 登録第5798100号 )

一つのアイデアを人工知能で特許化支援するシステム 特願2015-248171号(7月19日に査定されましたので特許が成立いたしました。)

スマホの音声問いかけで簡単に特許作成システム 特願 2016-010268号(7月19日に査定されましたので特許が成立いたしました。)

特許データベースから抽出した過去の解決コンセプトを参考にした特許作成システム特願2016-031076号

低体温改善剤 特願2016-070214号

特願2016-081909号(通常のサプリメント創造探索システム)

特願2016-082427号(サプリバー向けのサプリ創造探索システム)

口腔ケア組成物 特願2016-089763号

PCT/JP2016/002171 海外特許PCT出願済み

特願2016-152080号 (サプリメントバー 支援システム)




Next Generation Patent Creating system(NPCS)
スマホ(ウェラブル端末)に、問いかけるだけで、特許内容を人工知能が作成する「問題解決支援システム」
[Webサイトはこちら]

人工知能で特許作成事業 | ポケモンgo位置ゲーム用端末開発事業 | サプリバー機開設事業 | 食品開発事業 | 医薬品開発事業 | 化粧品開発事業 | 会社概要 | お問い合わせ

株式会社ジャパンモード 
〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学 千住アネックス館 0406 
TEL : 03-5284-8025 / FAX : 03-5284-8026

Copyright(c)2015. JAPAN MODE co. ltd.