世界中から歯痛が無くなれば
世界中から口内炎が無くなれば
世界中の歯周病を予防できれば
世界中のドライマウス症を改善できれば

世界中のSNSをIT特許で劇的に変えられたら
誰でも簡単にスマホに問いかけて特許が作成できれば!



ジャパンモードは、メイドインジャパンの技術と特許で、世界中が 欲する製品・システムを創造開発していきます。




食品・化粧品・医療品関連の特許と特願群について

ラクトフェリン、この極めて高分子のタンパク性生理活性物質は、今あらゆる医療、美容のジャンルでその多機能多効果性が注目されています。

しかし、水性製剤への応用が非常に困難な物質であり、水中での安定化活性化が、ラクトフェリン開発者の目標でした。

ジャパンモード株式会社は、このラクトフェリンを水中で安定化活性化させ、長期間保存可能な水性製剤を開発いたしました。

それが、リン酸化オリゴ糖カルシウムというリン酸塩です。

無論、錠剤、顆粒、食物等でも、口腔で即座に反応し効果を発揮します!

このベストカップリングを組成物の特許取得から全パーセント特願、全用途特願、製造方法特願として知的所有権を抑えました。

口腔ケア組成物 特許第5747274号

口腔ケア組成物 特許第5924604号

組成物錠剤、顆粒状薬剤 特願2015-095075

医薬品の製造方法 特願2015-122770

歯痛を止める錠剤 特願2015-227257

本組成物での特許取得と、追加出願3件の特願は、あらゆるラクトフェリンの安定化、活性化させるための組成物特許と出願特許群となります。


特許取得(特許第5747274)と、追加出願の特許群により様々な製品の開発提案が出来ることになりました。

カルシウムイオンはラクトフェリンにすばやく結合します。結合すると、結合部位を形成しているドメインに構造が変化し、閉じた状態になるためタンパク質分解酵素に構造破壊されにくくなります。カルシウムイオンはラクトフェリンの立体構造の安定性に大きく寄与する物質で、このことはαラクトアルブミンやリゾチームで詳しく研究されています。

弊社は、全てのラクトフェリンと、いち早く結合、安定化させるカルシウム物質に注目し、様々なカルシウム物質とラクトフェリンを溶解させ、タンパク質分解酵素で構造破壊されにくいカルシウム物質を探して、リン酸化オリゴ糖カルシウムにたどり着きました。

リン酸化オリゴ糖カルシウムはグリコ社の独占素材で、機能性素材として食品、化粧品、医薬部外品と多岐に使われています。通常のカルシウム材と違いわずか100ccの水に70gも溶解し即時にカルシウムイオン化するその早さが特徴です。

ラクトフェリンを安定化させ酵素分解されないようにバリアするカルシウムとして、この優れたリン酸化オリゴ糖カルシウムとのカップリングを発見したものです。

又、このラクトフェリンとリン酸化オリゴ糖カルシウムを主な素材としたカップリングが、唾液の分泌を即すことを発見しました。

これが他に特許として申請されていない事を確認、特願2015-012085を申請、早期審査請求をクリアして組成物特許第5747274を取得しました。

このように取得特許は主な素材の組み合わせとして、ラクトフェリンとリン酸化オリゴ糖カルシウムのカップリングを抑えたものです。

更に組成物の各素材を最大%で追加特許出願(特願2015-090444)。これによりリン酸化オリゴ糖カルシウムとラクトフェリンの全ての組み合わせが権利範囲となりました。

また、唾液と同様なメカニズムで涙が分泌されることにも注目、ドライアイにも本特許組成物が効果の高いことを確認できたことから、この特許の周りを固める多用途の仕様特許(特願2015-095075)を追加出願し権利範囲としました。

更に、製造方法の出願(特願2015-122770)を行い、特許群としてより強固な特許取得が実現しました。

この特許群により様々な製品の用途の開発提案が出来ることになりました。

弊社としては特に今後の高齢化社会で未病対策に資する分野に向け、本特許群を活用した製品の開発に期待するものです。


期待される開発分野・用途等

・既に開発済みの口腔ケア錠剤(ドライマウス症、ドライシンドローム症、シェーングレイン症候群対応)

(今後CRO会社と連携して医薬品としての認可に向けた治験取りを行います。この治験結果の一部を活用して機能性食品としての販売促進も視野に進めます)
 

・開発途次の乾燥肌用保湿・スキンローション(ドライスキン対応)

(リン酸結合したカルシウムは溶解イオン化の速さからいち早く肌内吸収して湿潤する効果で、化粧品、肌の再生素材としても大きく着目されています。この優れた性質に加え

ラクトフェリンの薬理作用との相乗効果を生かした製品の開発が可能です)

・薬品メーカーとの提携で開発のドライアイ用目薬(ドライシンドローム症対応)

・薬品メーカーとの提携で、薬の周りを口腔ケア錠剤の組成で固め多剤服用でも飲みやすくできるようにコーティングした錠剤の開発等。

 (薬剤を本特許組成物でコーティングすることにより、その錠剤を口に入れた際に唾液が分泌される特性を活用、高齢者が無理なく錠剤を飲める薬剤開発)

※用途としては、以下用途出願特許追加項目として掲げた多様な分野での活用が期待されます。

 1.点眼薬対応組成液

 2.点鼻薬対応組成液

 3.核剤コーティング組成物及び組成液

 4.顆粒、粉体材対応組成物粉体

 5.化粧水添加液

 6.化粧クリーム添加液、ファンデーション糖添加組成物

 7.シャンプー、リンス添加物

 8.スプレー剤、エアゾール、ドライエアゾール内容添加組成物

 9.ジェル、ゲル、シロップ剤添加物

10.食品添加組成物

11.菓子類添加組成物、飲料水添加組成物

12.うまみ調味料粉体、顆粒、マヨネーズ、ソース等調味添加組成物

※ 二つの組成物は、ラクトフェリンは森永が食品認可、リン酸化オリゴ糖カルシュウムはグリコが食品添加物認可をとっています。


口腔ケア組成物特許と特願群



日本語

ENGLISH
マウスメイトパンフレット
 

 






口腔ケア組成物 特許第5747274号 | 口腔ケア組成物 特許第5924604号
組成物錠剤、顆粒状薬剤 特願2015-095075号
医薬品の製造方法 特願2015-122770号 | 歯痛を止める錠剤 特願2015-227257号
犬用肛門拭取体 特許第5928858号 | 
SNSウェラブルシステム 特願 2014-100038号
商標 マウスメイト ( 登録第5798100号 )
一つのアイデアを人工知能で特許化支援するシステム 特願2015-248171号(7月19日に査定されましたので特許が成立いたしました。)
スマホの音声問いかけで簡単に特許作成システム 特願 2016-010268号(7月19日に査定されましたので特許が成立いたしました。)
特許データベースから抽出した過去の解決コンセプトを参考にした特許作成システム特願2016-031076号
低体温改善剤 特願2016-070214号 | 特願2016-081909号(通常のサプリメント創造探索システム)
特願2016-082427号(サプリバー向けのサプリ創造探索システム)
口腔ケア組成物 特願2016-089763号 | PCT/JP2016/002171 海外特許PCT出願済み
特願2016-152080号 (サプリメントバー 支援システム)


HOME | 食品開発事業 | 医薬品開発事業 | 化粧品開発事業 | ビジネスモデル特許事業 | 1つのアイデアを人工知能で特許化支援事業 | 会社概要 | お問い合わせ

株式会社ジャパンモード 
〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学 千住アネックス館 0406 
TEL : 03-5284-8025 / FAX : 03-5284-8026

Copyright(c)2015. JAPAN MODE co. ltd.